番組審議会報告

番組審議会報告

エフエム甲府では、皆さまのご意見を番組制作に反映させ、よりよい番組づくりに努めてまいります。放送内容について、お聴きの皆さまからのご感想、ご意見などをお待ちしております。今後の番組制作の重要な資料とさせていただきますので、どうぞお気軽にお寄せください。

第126回 番組審議会議事録

開催日時 令和3年3月25日(木)
開催場所 地場産業センター かいてらす2F レストラン ワインクラブ
出席者 番組審議委員:5名、エフエム甲府:4名
議題 エフエム甲府 昼ワイド番組
「ラジもくnext防災特別番組」
審議内容(抜粋) 災害時のエフエム甲府の発信使命を内部でしっかり検討していただき、確立していただければと思います。その内容で一度、防災特番を放送していただくことを希望します。企業の防災情報も毎回、似通った内容が多いように感じます。企業はいろいろな形で防災対策をソフト面、ハード面で発信しているので、出来るだけ隈なく探り情報提供をお願いしたいと思います。コミュニティFMの防災特番による情報は必需品です。

第125回 番組審議会議事録

開催日時 令和3年1月28日(木)
開催場所 エフエム甲府サロン
出席者 番組審議委員:6名、エフエム甲府:3名
議題 エフエム甲府新春特別番組
「明けましておめでとうま2021」~アニソンDEタノシマnight!~
審議内容(抜粋) タイトルコールがアニメ番組を意識し凝った作りになっていて、キャッチとしてよかったと思います。番組内容をアニメに特化し、声優のゲストは声で魅了し、ラジオへの出演としてはピッタリはまり、アニメをとらえた番組企画にした事がよかったと思いました。声優のゲストはラジオとの相性がとてもよく、山梨県出身者で地元情報の発信に役立ったのではないでしょうか。エフエム甲府の存在をもっと多くのリスナーに知っていただくには、これからも繰り返し放送を行っていただきたいと思います。

第124回 番組審議会議事録

開催日時 令和2年11月26日(木)
開催場所 エフエム甲府サロン
出席者 番組審議委員:5名、エフエム甲府:3名
議題 エフエム甲府特別番組
「第22回ライトダウンやまなし2020~星を見上げて、心をつないで。~」
審議内容(抜粋) コロナ禍の時代、人と人とのつながりを、街の灯りを消して星を見上げれるということで感じさせてくれた。ライトダウンイベントをラジオで放送する事は難しいのではないかと思っていましたが、目を閉じてラジオを聴き想像力を高めることと、星が見えなくても夜空を見上げ、宇宙や空間に色々なことを想像することは似ていると感じ、すんなりと放送を聴くことが出来ました。また、地球環境や自然に目を向けるきっかけにもなる番組だと思いました。来年も実施していただきたいと思います。

第123回 番組審議会議事録

開催日時 令和2年9月17日(木)
開催場所 エフエム甲府サロン
出席者 番組審議委員:5名、エフエム甲府:3名
議題 エフエム甲府昼ワイド番組「ラジもくnext」
番組内コーナー「カラフルキッチン」
審議内容(抜粋) ラジオでの料理教室は、映像が無く難しいと思いますが、パーソナリティ2人と料理教室の先生、3人のやり取りはイメージが湧いてきます。リスナーと一緒に料理が出来る方法などがあれば、なお良いと思います。この料理は冷凍すれば何日持つとかの情報やアドバイスがほしいと思いました。このコーナーの、音声だけで、材料、調理工程、完成を伝えていることは、チャレンジだと思いました。またこれから、リスナーからの料理募集や、コミュニティFMラジオ局の防災への取り組みの一つとして、防災料理の放送を実施していただきたいと思いました。

第122回 番組審議会議事録

開催日時 令和2年7月30日(木)
開催場所 エフエム甲府サロン
出席者 番組審議委員:5名、エフエム甲府:3名
議題 エフエム甲府 「岸 則子のIMADOKI☆JAM」
山梨県道徳教育用郷土資料集から「平和と友情の鐘」朗読
審議内容(抜粋) 本を読む機会が減っている中、ラジオ朗読で本を読んだ気分になれた。新型コロナの影響で通常通りの放送が出来ない中、通常の番組構成ではなく新たに、子供たちへの発信を中心としたコーナーは良いアイデアだと思いました。パーソナリティはすごくわかりやすい話し方で内容を理解しやすく、朗読を通じて山梨の歴史を知ることが出来てとても有意義だった。新型コロナによる自粛期間の中、在宅でのラジオを聴くニーズが変わりつつある。柔軟に山梨にかかわる内容選択を行い、ラジオ朗読は継続してほしいと思いました。

第121回 番組審議会議事録

開催日時 令和2年3月19日(木)
開催場所 かいてらす内ワインクラブ
出席者 番組審議委員:4名、エフエム甲府:4名
議題 エフエム甲府「ケミかるベース 防災特別番組」
審議内容(抜粋) 毎年3月11日に防災をテーマで番組を放送していただくことは、時間の経過とともに、自然災害の怖さを忘れてしまいがちなので、身を守るとゆうことで非常に大事な放送だと思います。地元被災者の周りの災害環境情報をどうすれば受け取ることが出来るのかが、地域密着のコミュニティFM局の使命でもあり、地元のリスナーに伝えていただきたいことだと思います。

第120回 番組審議会議事録

開催日時 令和2年1月23日(木)
開催場所 エフエム甲府サロン
出席者 番組審議委員:5名、エフエム甲府:3名
議題 エフエム甲府昼ワイド番組ごきげんな昼下がり内コーナー「こちら甲府スポーツビューロ」
審議内容(抜粋) ナビゲーター今中大介さんは、日本人で初めてツールドフランスを走った方なので、世界観があり、質問内容が明確であるのは良かったと思います。ゲスト出演者の苦労経験話は聴きごたえがありましが、プロフィールの紹介が無いためゲストが明確に見えてこなく、パーソナリティが初対面ではないのであれば、これまでのラジオ出演の経緯を説明していただきたい。ゲスト出演者のプロフィールを明確にし、専門用語を噛み砕き、地元甲府とのかかわりあいを聞き出せれば、もっと良い放送になったと思います。

第119回 番組審議会議事録

開催日時 令和元年11月21日(木)
開催場所 エフエム甲府サロン
出席者 番組審議委員:5名、エフエム甲府:3名
議題 エフエム甲府スポーツスペシャル 「第41回女子全日本学生ホッケー選手権決勝戦実況中継」
審議内容(抜粋) あまりなじみの無いホッケーのラジオ実況中継。試合が始まる前に、フィールドの大きさ、選手のユニホームの色、他のフィールドスポーツとの違い比較をアナウンサーが伝えることによって、ある程度イメージが出来ました。試合が始まってからは、アナウンサーが第三者的立場で状況を伝えるがボールの行方を追ってゆくことは難しい。解説者が的確に上手いタイミングでフォローすることで、プレーがイメージできました。フィールドの音声とアナウンサーの音声のバランスが良く、臨場感が伝わり聞いていて興味が湧きました。

第118回 番組審議会議事録

開催日時 令和元年9月26日(木)
開催場所 エフエム甲府サロン
出席者 番組審議委員:4名、エフエム甲府:3名
議題 エフエム甲府 「LIVE神明の花火完全実況生中継」
審議内容(抜粋) 当初ラジオでの花火大会の中継は非常に難しコンテンツだと思いましたが、番組を聞いて想像力を掻き立てられ、見に行ってみたいとも思いました。音のめりはりを上手に扱い、臨場感が伝わることがラジオの良さではなでしょうか。今回で3回目の実況中継となると思いますが、パーソナリティー、ゲストトーク、会場のにぎやかな音、花火の音のバランスが絶妙で、年々良い番組なっていると思いました。

第117回 番組審議会議事録

開催日時 令和元年7月24日(水)
開催場所 エフエム甲府サロン
出席者 番組審議委員:6名、エフエム甲府:3名
議題 エフエム甲府 「Rec☆yのみんみんゼミ」
審議内容(抜粋) 山梨学院大学キャンパス内にあるコミュニティ放送局だからこそ出来る番組、ここでしか出来ないと思いました。大学生でもレベルの高い番組を自分たちで作り上げることが出来ると感心しました。これからも番組構成のアイデアを学校生活の中で蓄積し、情報を事前に細かく収集し、リスナーのイメージを大切にしながら番組を制作していただきたいと思います。

第116回 番組審議会議事録

開催日時 令和元年5月23日(木)
開催場所 エフエム甲府サロン
出席者 番組審議委員:4名、エフエム甲府:4名
議題 エフエム甲府 月曜昼ワイド番組「てっぺん!」※平成最後の生放送
審議内容(抜粋) 振り返り番組は、自分自身で音楽を聴いて、その年代の自分の出来事を思い出すきっかけになる番組企画だと感じた。テレビでは映像に見入ってしますが、ラジオならではの良さを感じた。200曲近くを編集することは大変な苦労だと思うが、リスナー一人一人が自分の年代を思い起こしてもらうための番組として、成功していると思った。和歌詞工房のコーナーは、パーソナリティ本田さんの、歌詞を深く考えるこだわりや視点が良いと感じ、面白かった。時代の変わり目を意識した番組構成がされていた。

第115回 番組審議会議事録

開催日時 平成31年3月20日(水)
開催場所 かいてらす内ワインクラブ
出席者 番組審議委員:4名、エフエム甲府:4名
議題 エフエム甲府新春特番「BUZZラジ」
※ラジオとSNSとの関係性をテーマとしたコーナーの聴取
審議内容(抜粋) SNSは、改めてラジオとの切っては切れない関係性を考えされられた。SNSの内容は特に感情だけで発信するものが多い、ラジオを通してリスナーにルールを教えていくことが大切だ。生放送、収録放送でSNSはどの様にラジオでの伝え方を考えるのか、これからの課題であるので、ツイッター等を取り上げたのは良かったと思う。

第114回 番組審議会議事録

開催日時 平成31年1月24日(木)
開催場所 エフエム甲府サロン
出席者 番組審議委員:4名、エフエム甲府:3名
議題 エフエム甲府スポーツスペシャル 箱根駅伝応援特別番組「頑張れ!山梨学院大学!」
審議内容(抜粋) 箱根駅伝を事前にここまで盛り上げる番組は素晴らしい。監督・選手の声を取り入れエフエム甲府だからこそできた番組だと思うが、10名の選手のインタービュー等、特番として少し長い放送時間に感じた。走った後の選手の気持ちを聴くことも必要、今後シード権を獲得した後も特別番組をやってほしい。

第113回 番組審議会議事録

開催日時 平成30年11月21日(水)
開催場所 エフエム甲府サロン
出席者 番組審議委員:5名、エフエム甲府:3名
議題 エフエム甲府「こちら甲府スポーツビューロ」
審議内容(抜粋) トップアスリートの話を聞ける、とても魅力的な番組だ。どんな練習をしているのか、練習などで苦労や挫折を味わったこと、涙を流したことを、もう少し聞きたかった。選手は地域から声をかけられることが励みになると思う。町ぐるみ地域ぐるみでの応援につながる番組、地域との結びつきを大切にする、スポーツ情報番組になっていただきたい。

第112回 番組審議会議事録

開催日時 平成30年9月27日(木)
開催場所 エフエム甲府サロン
出席者 番組審議委員:4名、エフエム甲府:3名
議題 エフエム甲府「花火LIVE!神明の花火完全実況生中継」
審議内容(抜粋) ラジオでの花火中継が番組として成立するのかは別として、難しい放送に毎回チャレンジすることはコミュニティ放送として意義があることだと思う。神明の花火の歴史や、関係者への事前インタビュー等を取り入れば、もう少し厚みのある番組になると思う。来年度に向けて内容を精査し、楽しい花火中継にチャレンジしていただきたい。

第111回 番組審議会議事録

開催日時 平成30年7月26日(木)
開催場所 エフエム甲府サロン
出席者 番組審議委員:4名、エフエム甲府:3名
議題 エフエム甲府昼ワイド番組「フリーダム!」
コーナー「山梨県弁護士会による法律相談!」
審議内容(抜粋) 法律という固くて難しいテーマに積極的に取り組み、リスナーに伝わりやすい構成で、弁護士という職種内容を分かりやす、良く作ったコーナーだと思った。エフエム甲府が山梨学院大学の中にあることで、学生たちへの良い効果が生まれるよう、大学との連携でコーナー構成を行うのも良いことではないか、長く続けていただきたい。

第110回 番組審議会議事録

開催日時 平成30年5月24日(木)
開催場所 エフエム甲府サロン
出席者 番組審議委員:5名、エフエム甲府:3名
議題 エフエム甲府昼ワイド番組「フリーダム!」
コーナー「明日は晴れでSHOW!」
審議内容(抜粋) 天気をテーマにしたコーナーを始めたことも良い、週末に合わせての金曜日の放送ポジションも良いと思った。放送の中で、気象予報士が使う専門用語の解説や、台風や長期予報を先取りで放送していただきたい。リスナーの生活の一部になるよう、内容を吟味しリスナーに有効な情報を伝えていただき、定番となるよう番組コーナーPR等も積極的に行っていただきたい。

第109回 番組審議会議事録

開催日時 平成30年3月22日(木)
開催場所 かいてらす内ワインクラブ
出席者 番組審議委員:4名、エフエム甲府:3名
議題 ジョイフルサロン防災スペシャル
~東日本大震災から7年。私たちができる防災対策~
審議内容(抜粋) 伝言ダイヤルの使い方はよくわかったが、実勢に災害が発生した場合の、非常用電話の設置場所等は決まっていると思うので、伝えてもらいたかった。一歩踏み込んだ具体例がラジオで表現できれば、尚よい番組になると思った。また、エフエム甲府は災害が起こった時に、聞いてもらえるよう、事前PRを常に行ったほうが良いと思う。

第108回 番組審議会議事録

開催日時 平成30年1月25日(木)
開催場所 エフエム甲府サロン
出席者 番組審議委員:4名、エフエム甲府:3名
議題 エフエム甲府スポーツスペシャル!
頑張れ!山梨学院大学!箱根駅伝応援特別番組「夢のカケラ」
審議内容(抜粋) 事前の情報は駅伝ファンでなくても楽しむことが出来き、うれしい情報になる。番組の構成案として、山梨学院大学の弱点や練習、トレーニングの様子などがほしい気がした。
12月31日と1月1日の事前放送は、山梨学院大学出場選手の励みにもなると思う。全体を通し楽しい番組となっていた。

第107回 番組審議会議事録

開催日時 平成29年11月24日(金)
開催場所 エフエム甲府サロン
出席者 番組審議委員:5名、エフエム甲府:3名
議題 エフエム甲府開局20周年記念企画番組
「さばない勇太と行く鉄道満喫の旅ダイジェスト」
審議内容(抜粋) 懐かしさやノスタルジーを感じる場面があり、聞き入ることが出来た。鉄道の旅の番組をラジオで取り上げたことは、局としての挑戦を感じた。30分の短い放送時間の中に、一日の旅紀行を聞きやすくまとめてあり、新幹線弁当の紹介は、特に興味を持ち、鉄道博物館に行ってみたいと思った。音だけのラジオで、今回の番組は想像を掻き立てるという意味では、成功ではないかと思った。

第106回 番組審議会議事録

開催日時 平成29年9月21日(木)
開催場所 エフエム甲府サロン
出席者 番組審議委員:4名、エフエム甲府:3名
議題 エフエム甲府番組「防災特別番組2017 ~毎日の生活のなかで考える減災~」
審議内容(抜粋) 防災特番は何をメインに放送するかが重要だと思った。甲府市内の自治会の活動、避難所で介護の人をどうするか、避難先での病気の人へのクスリ等の対応、県外や国外からインバウンドで来た人への対応など、県民が知らない、わからないことが多々ある。この一つ一つの情報を調べ、放送で情報提供することが身近なコミュニティ放送の役目ではないかと感じた。

第105回 番組審議会議事録

開催日時 平成29年7月27日(木)
開催場所 エフエム甲府サロン
出席者 番組審議委員:4名、エフエム甲府:3名
議題 エフエム甲府番組「浅知恵太郎の気になるラジオ」
審議内容(抜粋) パーソナリティー浅知恵太郎とディレクターの掛け合いの間が良く、パーソナリティーの視点の面白さを引き出している。番組テーマや構成は、自由自在に考えることが出来ると思うので、月一の番組ではなく、レギュラー番組にすることを検討してみても良いのではないかと思った。

第104回 番組審議会議事録

開催日時 平成29年5月25日(木)
開催場所 エフエム甲府サロン
出席者 番組審議委員:5名、エフエム甲府:3名
議題 エフエム甲府昼ワイド番組「フリーダム!」
審議内容(抜粋) 番組タイトルの「フリーダム!」とは、自由に固まっていないコンセプトで制作する番組と思ったが、テーマをしっかりと持ちながら、自然体で聞いてもらえる番組として続けていただきたい。これからも楽しい番組を期待します。

第103回 番組審議会議事録

開催日時 平成29年3月23日(木)
開催場所 かいてらす内ワインクラブ
出席者 番組審議委員:5名、エフエム甲府:3名
議題 ◆ 開局20周年アニバーサリー特別番組「フリーダムSuperlative」
◆ 平成28年度制作番組の総括
審議内容(抜粋) 伝える事の大切さを改めて考える機会になったのではないでしょうか。日頃の番組作りの積み重ねが20年間のエフエム甲府を支えたのではないか。さらなる30年に向けてよりよい番組作りを期待します。

第102回 番組審議会議事録

開催日時 平成29年1月26日(木)
開催場所 エフエム甲府サロン
出席者 番組審議委員:5名、エフエム甲府:4名
議題 エフエム甲府スポーツスペシャル「第93回箱根駅伝実況中継」
審議内容(抜粋) 事前取材を中心に山梨学院大学の情報が豊富だった。往路・復路共に順位情報が分りやすく応援する側に聞きやすかった。今後は山梨学院を応援する人たちの声を番組内に反映してもいいのではないか。

第101回 番組審議会議事録

開催日時 平成28年11月24日(木)
開催場所 山梨学院大学内クリスタルタワー7階広報スタジオ
出席者 番組審議委員:5名、エフエム甲府:3名
議題 エフエム甲府スポーツスペシャル「全日本学生ホッケー選手権大会男女決勝戦」
審議内容(抜粋) マイナースポーツであるホッケーを取り上げ中継した事自体に努力が感じられた。中継を行う事により選手のモチベーションアップにもつながったと思う。今後も地域で活躍する団体を取り上げていってほしい。

第100回 番組審議会議事録

開催日時 平成28年9月29日(木)
開催場所 山梨学院大学内クリスタルタワー7階広報スタジオ
出席者 番組審議委員:4名、エフエム甲府:3名
議題 エフエム甲府防災特別番組2016「~いま取り組むべき減災~」
審議内容(抜粋) 防災意識を高めるためにも今回のような学生パーソナリティの起用は良い試み。減災に対する情報も上手くまとまっていた。今後は実際の被災者、ボランティア活動に参加した人の体験なども取り上げても良いのではないか。今後も定期的に地域住民の防災意識を高める番組制作を心がけてもらいたい。

第99回 番組審議会議事録

開催日時 平成28年7月26日(火)
開催場所 山梨学院大学内クリスタルタワー7階広報スタジオ
出席者 番組審議委員:5名、エフエム甲府:3名
議題 ヴァンフォーレ甲府入れ込み実況中継
審議内容(抜粋) サッカーのラジオ中継は伝えるのは非常に難しいと思うが、得点経過、ゴール付近、シュートシーンなどはわかりやすくストレスを感じない実況をし、観客の様子、選手のエピソードなども紹介しより独自性のある中継を目指していってほしい。

第98回 番組審議会議事録

開催日時 平成28年5月26日(木)
開催場所 山梨学院大学内クリスタルタワー7階広報スタジオ
出席者 番組審議委員:5名、エフエム甲府:3名
議題 平成28年度新番組「てっぺん!」、学生によるニュース担当
審議内容(抜粋) 新番組「てっぺん!」はベテランと新人のコンビネーションが良い。番組テーマを工夫する事により更に良いものにあると思う。今後がたのしみな番組。また学生によるニュースは、大学キャンパス内にあるエフエム甲府の特色を生かした良い取り組みだともう。地域と学生がつながりを持てるような番組作りを模索してもらいたい。

第97回 番組審議会議事録

開催日時 平成28年3月23日(水)
開催場所 かいてらす内ワインハウス
出席者 番組審議委員:4名、エフエム甲府:3名
議題 平成27年度制作番組の総括
審議内容(抜粋) 今年度新たな取り組んだ3.11の防災番組は、甲府市長自ら情報を発信するなど、地域一帯で防災を考えるいい機会となった。また学生パーソナリティの起用など若い世代への訴える内容となった。今後とも地域のコミュニティエフエム局として防災情報の発信を行っていってもらいたい。

第96回 番組審議会議事録

開催日時 平成28年1月28日(木)
開催場所 山梨学院大学内クリスタルタワー7階広報スタジオ
出席者 番組審議委員:6名、エフエム甲府:4名
議題 平成28年1月2日・3日エフエム甲府スポーツスペシャル「第92回箱根駅伝 実況中継」について
審議内容(抜粋) 番組全体的に臨場感を感じる事ができた。番組内で山梨学院大学の選手の声や監督の声なども聞けて楽しむ事が出来た。今後より地域密着して、地域に支えられている山梨大学駅伝部の魅力をより一層紹介できる番組作りに努めてほしい。

第95回 番組審議会議事録

開催日時 平成27年11月27日(金)
開催場所 山梨学院大学内クリスタルタワー7階広報スタジオ
出席者 番組審議委員:4名、エフエム甲府:3名
議題 平成27年11月7日第17回ライトダウンやまなし2015「月見里(やまなし)ほしものがたり」について
審議内容(抜粋) ライトダウンイベントは非常にラジオ向きのイベントだと思う。年に一度くらいは親子でゆっくり星空を見上げラジオに耳を傾けられる番組だと思う。今後も番組制作に工夫をこらし、身近な環境を見直すきっかけ作りや、親子の対話を進める番組制作につとめてもらいたい。

第94回 番組審議会議事録

開催日時 平成27年10月1日(木)
開催場所 山梨学院大学内クリスタルタワー7階広報スタジオ
出席者 番組審議委員:5名、エフエム甲府:3名
議題 平成27年8月30日「2015防災特別番組~いのちを守るために~」について
審議内容(抜粋) 今回のように特別番組を通じて地域の防災意識をたかめることは非常に重要だが、日頃から繰り返し防災情報を発信することも大事だと思う。特に災害時には行政と聴取者の情報の橋渡し役としての役割を今後担っていってもらいたい。

第93回 番組審議会議事録

開催日時 平成27年7月30日(木)
開催場所 山梨学院大学内7階広報スタジオ
出席者 番組審議委員:5名、エフエム甲府:3名
議題 平成27年7月25日ヴァンフォーレ甲府実況生中継について
審議内容(抜粋) 状況描写、得点経過などが伝わりづらい。実況者とゲストの役割を明確にするとともに、ヴァンフォーレ甲府をサポーター目線で応援する中継スタイルを継続し継続的に改善を行っていってもらいたい。

第92回 番組審議会議事録

開催日時 平成27年5月27日(水)
開催場所 山梨学院大学内クリスタルタワー7階広報スタジオ
出席者 番組審議委員:5名、エフエム甲府:3名
議題 平成27年度新年度編成に関して
審議内容(抜粋) 新年度編成に関しては全般的に新鮮さを感じる。審議対象番組「NYTのナチュラルチューニング」は、まだ未完成なNYT2人の一生懸命さを感じる楽しい番組だ。生演奏の企画も良い。ただし生演奏時の音響面での工夫、番組通じてのテーマ設定には課題がある。その点は検討してほしい。今後とも山梨県内の若手を育てる場を与えていってほしい。

第91回 番組審議会議事録

開催日時 平成27年3月26日(木)午後13:00~
開催場所 かいてらす内わいんはうす
出席者 番組審議委員:6名、エフエム甲府:3名
議題 平成26年度制作番組の総括
審議内容(抜粋) 今年度構成を変更した防災番組は、各地の防災マップなどを活用し、地域一帯で防災を考えるいい機会となった。大学生が中心と行う番組については、番組制作を通じ若い世代がラジオメディアを増やすいい機会となる。今後そのような世代が、地域防災にも興味を示してもらえると良い。このような取り組みが、若い世代の人材育成の場として活用されることを期待する。

第90回 番組審議会議事録

開催日時 平成27年1月22日(木)午後13:00~
開催場所 エフエム甲府 本社
出席者 番組審議委員:5名、エフエム甲府:3名
議題 「箱根駅伝 特別番組」について
審議内容(抜粋) 山梨学院大学キャンパス内にスタジオを構える弊社としては、恒例の箱根駅伝正月特番。ラジオ日本の実況中継をネットし、そのうち甲府からは東京方面のニュース・天気予報・交通情報などのタイミングに合わせ、各種情報を流した。山梨県内のニュース・天気・交通情報はもちろん、山梨学院大学陸上部の情報を詳しく伝える構成。選手の情報や事前インタビューの模様や取材した内容をまとめて伝えながら、山梨学院の行方を追いかける内容。往路復路とも、スタート・ゴール地点にエフエム甲府特派リポーターを置き、インタビューの結果を始め、現場のリアルな状況を伝えた。

第89回 番組審議会議事録

開催日時 平成26年11月27日(木)午後13:00~
開催場所 エフエム甲府 本社
出席者 番組審議委員:5名、エフエム甲府:3名
議題 「VF入れ込み実況中継」について
審議内容(抜粋) エフエム甲府の特徴的な番組。カレッジスポーツと共に、普段からサッカーJ1ヴァンフォーレ甲府に特化したコーナーを設けている。実況中継にあえて「入れ込み」と掲げて、文字通りヴァンフォーレ甲府に入れ込んだ中継を公式におこなっている。シーズン中、数回、ホーム・アウェイともに中継した。

第88回 番組審議会議事録

開催日時 平成26年10月25日(木)午後13:00~
開催場所 エフエム甲府 本社
出席者 番組審議委員:5名、エフエム甲府:4名
議題 エフエム甲府防災特別番組 2014 〜はじめよう減災〜 について
審議内容(抜粋) 毎年恒例、防災特別番組。今年の甲府市総合防災訓練会場・大国小学校の校庭と本社スタジオをつないで2元生放送した。減災に関する情報を中心に伝え、リスナーと共に考える内容で制作。

第87回 番組審議会議事録

開催日時 平成26年7月24日(木)午後13:00~
開催場所 エフエム甲府 本社
出席者 番組審議委員:4名、エフエム甲府:4名
議題 学生が生放送「Rec☆yのみんみんゼミ」について
審議内容(抜粋) 大学生が企画・制作・音響・パーソナリティまで全て自主的におこなう番組。
放送、ラジオに興味のある山梨学院大学を中心とした大学生が、学生対象の情報はもちろん、地域の話題、天気予報も伝える。

第86回 番組審議会議事録

開催日時 平成26年6月26日(木)午後13:00~
開催場所 エフエム甲府 本社
出席者 番組審議委員:4名、エフエム甲府:4名
議題 昼ワイド「元気はつらつフライデー」について
審議内容(抜粋) 全国ニュースを始め、地域の話題を中心とした総合的情報番組で、パーソナリティ、スタッフ全員女性で制作。女性リスナーが親しみ、楽しめる番組をめざしている点を見て頂く。
※県内各種イベント情報、スポーツニュースでは学生スポーツも取り上げ、幅広く伝える。JCBA加盟のコミュニティ放送局と電話をつなぐコーナーが目玉。長崎出身で現在東京在住のパーソナリティ目線で着目したポイントを紹介しながら、地元リスナーにも改めて山梨・甲府の魅力を再発見して頂けるよう構成。